Success Story サクセスストーリー

2022.09.05

「貧乏だ」とか「お金がない」と伝えることは、自分の信用をおとしめる結果にしかつながらず、無意味なことだと理解しました

財政的なストレスを克服するコースのサクセスストーリーをお届けします。


「財政的なストレス」と一口に言っても、個人的に大きな買い物をした、家族として子供の学費が必要になった、会社やグループとして資金不足になった、など色々な場面に当てはまる知識を得ることができた。

このコースは、お金のやりくりで困っている人ももちろん、十分にお金を持つ人々がもっと賢くお金を使って豊かになるためにも役立つ知識だと思った。

私の父は、「うちは貧乏だ」とか、「お金がない」と言うことが多くあり、幼い頃の私はそうなんだ、とかあれを買ってもらうのは我慢しようと思いましたが、実は「貧乏だ」とか「お金がない」といったことは、本当にその情報が必要な人伝えるのでない限り、単に周りを不安にさせ、自分の信用を貶める結果にしかつながらず、無意味なことだと理解し、自分はそういったことは必要以上には言わないようにしようと思った。

K.M

一覧に戻る

本郷ミッションでは、さまざまな悩みを相談できるカウンセリングルームや、問題を解決するために役立つ書籍を多数ご用意しています。

 関連コンテンツ

トップへ戻る